1月16日放送のテレビ「マツコの知らない世界」に落語家・立川志の輔さんの息子、竹内順平さん(28歳)が出演!

立川志の輔さんの息子の情報は今まで謎の部分が多かったのですが、

現在は「梅干しプロデューサー」として、自身で立ち上げた会社の社長さんをされています!

Sponsored Link

竹内順平さんプロフィール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像引用:http://andrecipe.tokyo/ricestory/1607/index.html

1989年10月17日生まれ。
BambooCutの代表。
玉川大学芸術学部PA学科卒業後、
株式会社東京糸井重里事務所に入る。
2014年4月1日BambooCut設立。
話すのが好き。電話が長いと言われる。
「眠そうだね」とよく言われるが、
こういう顔なのである。不機嫌でもない。

引用:http://bamboo-cut.jp/about

竹内さんは現在28歳。父・志の輔さんが35歳の時に生まれました。

ちなみに竹内さんが生まれた翌年、志の輔さんは立川流の真打に昇進しています。

まさに公私共に絶好調の時期だったんですね!

落語の道は父・志の輔に断られていた!?

番組内での紹介。

竹内さんは少年時代、将来は「当然落語家になる」と思っていたそうです。

偉大な父親の背中を見て育てば、自分も父のようにと憧れるのも当然です…。

しかし大学時代に父・志の輔さんに弟子入りを申し出た所、

まさかのお断り…!しかも3回も…!

話を聞いていたマツコさんは

「よっぽど才能がなかったのね」

と辛口コメント!(笑)

現在は「梅干しプロデューサー」

その後は大学を卒業。一般企業に勤めた後

「梅干しに関わる仕事をする」と直感で決め、

24歳の時に梅干しを知る為に旅に出たそうです。

その2年後。

梅干しの展示会など、梅干しに関する企画、イベントをプロデュースする会社「BambooCut」を自身で設立!

まさに宣言通り、梅干しに関わる仕事を開始しました!

マツコさんには才能がなかったと言われていましたが

現在は社長さんとして会社を経営する立場。

落語の世界では厳しかったのかもしれませんが

若干26歳にして自分の会社を持つなんて凄い事、立派な才能ですよね!

まとめ

以前から「息子も落語の世界に来るんじゃないか?」と噂されていた立川親子。

しかし息子の竹内さんは落語会に進出せず、ネット上でも詳細不明の状態でした。

現在は会社経営者として過ごしておられます。

親子の仕事は全く別の業種にはなりますが

梅干しプロデュースの世界から、偉大な父を超える健闘・功績を期待しています!!

Sponsored Link