5月9日に放送されたAbemaTV『日村がゆく ~第3回高校生フォークソングGP~』

で登場した

15歳の新星シンガーソングライター・崎山蒼志が見せたパフォーマンスが、圧巻すぎると

大きな話題になっている。

その話題のパフォーマンス

『日村がゆく』出演がこちら↓↓

Sponsored Link

プロフィール

弱冠15歳の超新星!!

初めは、中学3年生のナヨっとしてる子が出てきたと思いきや・・

そんな彼のプロフィールがこちら

氏名:崎山蒼志

  • • 生年月日:2002年度生まれ
  • • 出身地:静岡県浜松市
  • • 2018年現在高校1年生

現在は静岡県浜松市を中心に、KIDS Aという3人組バンドのギターボーカルとしても活動中でV系好きの母から影響を受け

4歳でthe GazettEの演奏に惹かれてギターを始めたという経歴の持ち主

小学生6年生から詩を書き始めて今まで300曲ほど作成したそうです!!

ちなみに今の悩みは自転車に乗れないことだそうです・・笑

『日村がゆく』

パフォーマンスがこちら↓↓

https://youtu.be/DCy9fJi_bAM nさ

審査員を務めた澤部渡(スカート)、サイトウ “JxJx” ジュン(YOUR SONG IS GOOD)

がそのパフォーマンスに驚きこのように語っている。

「マジで・・すげー」

この言葉を連呼していました。

本当に凄いと思った時にしか出てこない言葉な気がします。

この歌詞を書いたのが中学1年生だそうです。

歌詞がこちら↓↓

(samidare~五月雨~ 崎山蒼志作詞作曲)

裸足のまま来てしまったようだ

東から走る魔法の夜
虫のように

小さくて
炎のように熱い

素晴らしき日々の途中

こびりつく不安定な夜に

全ての声の針を静かに泪で濡らすように
素晴らしき日々の途中

こびりつく不安定な意味で
美しい声の針を静かに泪で濡らして

意味のない僕らの救えないほどの傷から
泪のあとから

悪いことばで震える
黒くて静かななにげない会話に刺されて今は
痛いよ

あなたが針に見えてしまって

冬 雪 ぬれて 溶ける
君と夜と春
走る君の汗が夏へ

急ぎ出す

急ぎ出す

澤部渡さんの誉め言葉集

  • 最初の開放弦絶妙(オープニング)にもってこいのコード
  • 歌心をくすぐるコードワーク
  • ロックンロールとかポップス的な物の快楽が非常にある
  • 細かいギターも凄くいい
  • ギターワークの抜群
  • すごい自分の歌い方を知ってる人
  • 歌い方と詩があってる

とにかくべた褒めですね(笑)

『日村がゆく ~第3回高校生フォークソングGP~』
ではしっかり優勝を飾っていました。
将来が楽しみでです。

ご視聴ありがとうございました。

Sponsored Link