今大注目のいかわあきこさんの魅力とは?

ダウン症であるいかわあきこさんが絵を描き始めたのは

なんと30歳からという

そんな彼女の魅力のある絵は?

いくら注目の絵っていくらで買うことが出来るのでしょうか!


Sponsored Link

絵を描き始めたきっかけは?

先ほども話した通り絵を描き始めたのは30歳からだったようです。

突然、ペンを取り小さなメモにお地蔵さんの絵を描き始めたそうです。

お地蔵さんの絵を何十・何百も描いたそうです。

さらにお地蔵さんの絵に寂しさを感じ

蝶々や鳥・トンボやはななどを描き始めたそうです。

現在はカラフルなクジャクの絵を数多く描いており

母親といった動物園で観た羽をは広げたクジャクに

心をどりクジャクの絵を描いているそうです。

さらにダウン症のことを調べてみると

先天性の症候群で、世界各国で約1000人に1人の割合で生まれるそうです。

そして、ダウン症の子たちの考えている世界はとても深いものだそうです。

いかわあきこさんが

その時描いたお地蔵さんもなんらかの意味を持っているのでしょう。

クジャクの絵もとても魅力的な絵ばかり!!

とてもすごい才能です。

有名になったきっかけ!

いかわあきこさんが有名になったきっかけは

NHKの「関西ニュース一番」「お元気ですか日本列島」

での放映がきっかけだったようです。

2012年:「二次会大阪支部展」で新人賞を受賞
2013年:「二元展」で佳作賞を受賞
2015年:「東久邇宮記念賞」受賞

など数々の賞を取られています。

TV 出演後は毎年のように展示会を開き

数多くの来場者を魅了しています。

ネットの声

【まとめ】

今回は30歳に絵の魅力に目覚めたいかわあきこさんをご紹介しました。

彼女はダウン症でありながら数多くの賞をとり

毎年のように展示会を開催する人気の画家の一人です。

絵の才能に溢れ魅力的な絵のタッチに観覧者も今後増えていく事

間違いなさそうですね。

ご視聴ありがとうございました。

Sponsored Link