ゴルゴンゾーラチーズについて農林水産省は今後、イタリア産の特定のもの以外にゴルゴンゾーラチーズという名前が使えなくなると発表しました!


ブルーチーズ。多くの人々に愛されている食材で、パスタやピザなどの料理には欠かせない食材でもあります。
しかし、ゴルゴンゾーラを含むブルーチーズはそのクセの強さから「苦手な人も多いが、好きな人は本当に好きなチーズ」といったイメージでしょうか。また、ワインなどのお酒のつまみとしても大人気です。
今回のニュースで、私達の生活にどのような影響があるのか調べてみました!

Sponsored Link

なぜ、ゴルゴンゾーラと呼べなくなる?

日本とEU間とで結ばれた「経済連携協定交渉」の中に、お互いの国のブランドを保護するという内容が含まれている為。つまり、消費者に「本物の産地」と誤認させる恐れのある商品表示が、日本とEU間で禁止となった為です。
イタリアの特定の産地、製法で作ったもの以外はゴルゴンゾーラの表記が認められなくなり、日本産のゴルゴンゾーラも協定発効から7年後には名乗れなくなるそうです!
「ゴルゴンゾーラ風」といった曖昧な表現や、「北海道産ゴルゴンゾーラ」といったように産地を明記した表現も使えなくなるそうなので、「ゴルゴンゾーラ」という名前を見かける事は少なくなるかもしれません。

そもそも普段食べていたゴルゴンゾーラ、産地は?


日本国内で流通しているブルーチーズのほとんどがEU産のもので、国産のものは北海道産のものがメイン。つまり、私達が普段口にしていたほとんどのゴルゴンゾーラがイタリア産だと思って良いでしょう。特に輸入量が少なくなる、値段が高騰するといった事もない様子です。

何て呼ぶ事になる?

ゴルゴンゾーラはイタリアの代表的なチーズ。ブルーチーズの一種で、世界三大ブルーチーズの一つとして数えられる程、世界中の多くの人に親しまれています。
このようにゴルゴンゾーラは「ブルーチーズ」のカテゴリーに含まれることから、日本のスーパーで売っている国産のゴルゴンゾーラも7年後には「ブルーチーズ」という品名で並び、「ゴルゴンゾーラ」と言えば少々高級な本場のブルーチーズとして認識される事になるかも知れません!

結論 つまりどうなる?

色々と今回話題にはなりましたが、消費者目線での結論は「特に大きな変化はない」です!
今から7年後にはスーパーなどで見かける国産のゴルゴンゾーラは消えて恐らくは「国産ブルーチーズ」の表記になり、洋食屋さんのメニューで見かける「ゴルゴンゾーラの〇〇」は、国産のブルーチーズではなく本場EUの正真正銘のゴルゴンゾーラを使用しているという事になるでしょうが、そもそも私達消費者が普段口にしていたゴルゴンゾーラのほとんどのがイタリア産のものという事を考えると、私達には大きな影響はないと思われますのでひと安心ですね。

Sponsored Link