最近のニュースで「樹木男のイボが再発」

ニュースになりました。

いやいや・・

樹木男って・・

と思う方も多いと思いますがれっきとした病気のようです。

樹木男は別名「ツリーマン」とも呼ばれています。

バングラデシュ人の男性、アブル・バジャンダル の

苦悩とその病名をご紹介します。

Sponsored Link

ツリーマンの病名は

疣贅状表皮発育異常症
(ゆうぜいじょうひょうひはついくいじょうしょう )

別名「ツリーマン症候群」

と呼ばれる非常に珍しい遺伝性の皮膚病だそうです。

腐食した皮膚の切除手術をしたそうですが

今のところ

手術以外の有効な治療法が見つかっていないそうです。

さらに

疣贅状表皮発育異常症の原因も見つかっていないそうです。

 ツリーマンの症状は?

イボが成長し続け手足などに木の皮のようが付着してしまう病気だそうです。

小さい時の負ったケガが原因で

疣贅状表皮発育異常症にかかってしまったそうです。

さらに彼の遺伝子は人と違い

何かが欠陥しているそうです(笑)

その為イボが成長し続けてしまうそうです。

 

 苦悩

バングラデシュ人の男性、アブル・バジャンダルさんは

この 「疣贅状表皮発育異常症」に悩まされ続けたそうです・・。

そして

2017年にダッカ医科大学病院 で16回もの手術を受け無事

完治したと思われていました。

なんと5キロものイボを取ったそうです(笑)

しかし2018年に再発・・

噂によれば

お医者さんはブル・バジャンダルさんに完治したと報告したそうです(笑)

そして

再発ということで

再度ニュースになってしまったそうです。

【まとめ】

今回ご紹介した 疣贅状表皮発育異常症

非常に珍しい病気だそうです。

今回ご紹介した

アブル・バジャンダルさんは

男性ですが

その他

女性でも感染の報告が出ているそうです。

現在治療法も見つかっていないそうなので

一日でも早く解決方法が見つかって欲しいものです。

ご視聴ありがとうございました。

Sponsored Link