日本カヌースプリント選手権で優勝した小松正治選手がレース後の

ドーピング検査で

禁止薬物が検出され、資格停止処分を受けました

その後ライバル選手の鈴木康大選手による禁止薬物を混入したのが

発覚し小松正治選手の処分は解除されました。

今回行った行為はとても残念なことです。

小松選手は本当によかったです。

しかし、なぜ鈴木選手はこのようなことをしてしまったんでしょうか・・

残念でなりません。

ちなみに

今回発覚した他人からの混入によるドーピング違反は日本で初めての事例だそうです。

Sponsored Link

鈴木康大選手が行った重い罪

今回の事件が発覚したことで鈴木選手には8年間の資格停止処分が下されたそうです。

現在32歳の鈴木選手・・

8年間の資格停止処分のため、選手生命も絶望的ですね。

鈴木選手は
小松選手がドーピング検査で陽性になれば

自分が東京五輪の代表選手になる可能性があり

小松選手を陥れる意図を持ってドリンクボトルに禁止薬物を混入させたそうです。

オリンピックへ出場の為とはいえ、やっていけない事とても残念!!

 鈴木康大選手とは

千葉県出身の32歳

日本のカヌー競技の中心選手の一人。

そして身長が180センチ

顔もまぁまぁイケメン!!

小松正治は大丈夫

小松選手のコメントは

「今回、周囲の皆様のご支援を得て、競技生活に復帰できることとなったことについて
心より感謝の言葉を述べたいと思います。2020年の東京五輪出場を目指して、
日本代表として、今後とも競技に精進していく所存です」

だそうです。

良きライバル選手がこのようなことを起こしてしまう・・

残念です。

小松選手もやるせないだろうに・・

【まとめ】

とても残念でなりませんね!!

東京五輪に出たいのもわかりますが・・

やっていいことの区別は付けないと・・

小松選手は

ほっと・・一安心でしょう!!

心に傷はできたでしょうが東京五輪では

活躍して欲しいですね!!

今回の事で注目度は上がったので是非メダルを期待したいですね!!

以上

Sponsored Link