平昌五輪が開催し

日本でも盛り上がりを見せるなか

スピードスケートショートトラックの斎藤慧選手

ドーピング検査で陽性反応が出てしまい

オリンピック出場が停止となりました。

Sponsored Link

ドーピング陽性

スポーツ仲裁裁判が大会前の抜き打ち検査を実施し

今大会日本人初の陽性反応が出てしまいました。

今回反応が出てしまった禁止薬物は

「アセタゾラミド」

本来は高山病の予防薬として用いられる薬だそうだが

スポーツでは筋肉増強剤を隠ぺいする目的

用いられる薬だそうです。

結果的に日本人初の陽性反応が出てしまったことは

残念で仕方ありません。

陽性反応否定

今回の陽性反応で斎藤慧選手の五輪出場が

取り消しとなりました。

本人は日本人選手団を通して

コメントを表明しました。

「ドーピングを行おうと考えたことはこれまで一度もありません」
「私は筋肉増強剤を使用したことがありませんので、それを隠そうなどとは考えませんし、利尿剤を使用して体重を落とそうと考えたこともありません」

とドーピングしたことを完全に否定しました。

また、斎藤慧選手は

ケガや食事管理にも注意しており

事前に専門家に相談もしていたそうです。

ドーピングには徹底して注意していた彼が

今回陽性反応が出てしまうのは

考えにくいことです。

犯人は誰?

今回起こってしまったドーピング違反を本人は

完全に否定しています。

偶発的に起きた出来事により禁止薬物が無自覚のまま口に入ってしまったものだとしか考えられません
今後は身の潔白を証明するために戦っていきたいと考えているとし
今はチームに迷惑がかかるので暫定資格停止を受け入れ、自発的に選手村を離れ、選手団から離脱することを決めたという。

だそうです・・

五輪ではドーピング問題は切っても切り外せない問題で

ライバル選手が選手の飲み物に禁止薬物の投与してしまう

事件も起きています。

その為

日本ではチーム全体で食事や飲み物の管理は徹底されているはずです。

しかし、今回起こってしまいました。

今回本人はドーピングを否定しているため

可能性としては

  • ライバル選手の投与
  • 海外の相手選手の投与
  • 本人のウソ

が考えられるのではないでしょうか・・

真相はいかに・・

【まとめ】

今回は斎藤慧選手がドーピング違反

ピックアップしました。

本人はこれを完全にしており

今後は潔白を証明していくそうです。

今回の五輪の為に頑張ってきた斎藤慧選手!!

もし今回の件が

他の者の犯行で起こってしまったことなら

とてもやるせない気持ちになるでしょう・・

真相はいかに・・

ご視聴ありがとうございました。

Sponsored Link